安全について

運輸安全マネジメント

天野運送株式会社は、トップをはじめ全社員が運送の安全を最優先とした取り組みを行っております。また、平成18年10月1日より国土交通省「運輸安全マネジメント」を導入し、全社員が一丸となって取り組んでます。
平成29年度の取組方針および目標と実績(平成29年3月1日~平成30年2月末)

安全への取り組み

事業を遂行する上でさまざまな取り組みを行っています。
安全への取り組み

安全性優良事業所認定

安全性優良事業所とは、国土交通省が、トラック運送事業者の交通安全対策などへの事業所単位での取り組みを評価し、一定の基準をクリアした事業所を認定する制度です。
天野運送株式会社は第1回(平成15年)より連続認定されています。

品質について

輸送品質管理への取り組み

1.食品安全衛生管理

食品安全衛生管理対策により、安全に「食品」を輸送するように細心の注意を払っています。

2.食品温度管理

ドライバーが、工場などで加工された食品の温度を計測し、温度変化に気を配って輸送しています。

3.庫内温度管理

庫内に設置したセンサーから時系列で記録・チェックしております。3温度帯に必要な庫内の重要な冷蔵・冷凍機は、長年付き合いのある信頼している企業の機器を導入しています。

4.車両整備管理

輸送の「安全」を保証するために、最も重要なのがドライバーですが、その次に重要なのが車です。常にベストなコンディションを保つため、車両整備は自社社員の整備士が行っています。

5.車両洗車&消毒

きれいで清潔な車を維持することは、食品輸送ではもっとも当たり前のこと。いつもきれいな車両を保っています。

環境について

グリーンエコプロジェクト


greeneco 東京都トラック協会主催。車両ごとの燃費からデータベースを構築し、継続的なエコドライブ活動を推進・支援、CO2排出量の削減や燃費向上に伴うコスト削減、事故防止等に向けた取り組みを行っています。平成18年8月より参加。 制度についての詳しい説明はこちら(東京都トラック協会サイト)

東京都貨物輸送評価制度


東京都による貨物運送事業者を評価する世界初の「貨物輸送評価制度」に当社は評価認定されました。全ての営業車両を対象にCO2削減を目的として、燃費データの構築・教育・体制作り等の取組を行っています。 制度についての詳しい説明はこちら(東京都環境局サイト)

環境への取り組み


圧縮天然ガス自動車

ディーゼルエンジンを搭載した自動車より排気ガス中の有害物質(黒煙・NOx・SOxなど)が大幅に少ないということから、環境対策として自動車燃料に使われ広まりつつあります。 当社も「圧縮天然ガス自動車」を導入しております。

BlueTecシステム

自動車世界最高水準のクリーンディーゼルを実現したトラックを導入しています。

ETC2.0システム

高速道路での料金所の渋滞を避け、環境に配慮した通行をしております。

社会貢献活動

災害時等における緊急物資輸送への協力

救援物資輸送車 災害等が発生した時の、緊急物資を輸送する企業になっております。

地域防犯活動への協力

kodomo110 小学生などが犯罪に巻き込まれるのを防ぐため、駆け込み寺となっております。

警視庁交通安全教室への協力

安全教室01 安全教室01 子供やお年寄りの交通事故を減らすための交通安全教室へ協力してます。

東北復興支援への協力

復興自販機 宮城県東松島の復興支援をするため、復興支援自販機を東京で第1号設置しました。

公立中学校「職場体験」の研修生徒さんの受け入れをしています。

毎年、会社近くの公立中学校の生徒さんが職場体験実習を行っています。